学習環境

ホーム>学習環境>施設案内

施設案内

森村学園は、総面積81,587㎡という広大な敷地にあります。
自然林に囲まれたミニグランドで遊び、天候・季節で表情を変える樹木や野鳥とふれあう毎日。大切な小学生時代を過ごす子どもたちにとって、そこで得た新たな発見や感動は、何より大きな財産となるでしょう。

また15,000冊もの本をそろえた図書室をはじめ、理科室、音楽室、体育館、図工室、家庭科室、パソコンルーム、屋内プールなど、授業をより豊かにする施設も充実しています。

※各施設の写真をクリックすると、説明をご覧いただけます。

ホームルーム教室(低学年)

図画工作室

音楽室

理科室

パソコン教室

家庭科室

図書室

体育館

屋内プール

校庭

中庭

ミニグラウンド

ホームルーム教室(低学年)

ホームルーム教室(低学年)

教室の後ろ側にはカラーボックスがおかれ、予備の下着や、スモック、靴袋などを入れてロッカーの代わりとして使っています。時には劇の発表をするための舞台に変身することもあります。また、ランドセル置場の下には引き出しが付いていて、普段あまり使用しない教科書や、クレヨンなどを入れておきます。自分たちできちんと管理し、収納方法を考えながら生活しています。学級文庫も充実しており、どのクラスにも様々な種類の書籍がおいてあります。木製の床の温かい雰囲気に包まれてのびのびした学校生活を送っています。

図画工作室

図画工作室

本校には2つの図画工作室と陶芸室があります。児童は広い木の机の上で大きな絵を描いたり、のびのびと工作をしたり出来ます。材料、道具の環境もそれぞれに充実しており、児童は様々な素材や道具を使いこなせるように学びながら、表現の幅を広げていける環境にあります。また、1年生から6年生まで毎年、信楽粘土による陶芸作品作りに取り組み、本校の陶芸電気窯で焼成して仕上げています。

音楽室

音楽室

子ども達の歌声が響く音楽室には、机がありません。グランドピアノを中心として、カホーンと呼ばれる良い響きのする木の椅子に座り、心と身体を解放して歌い、演奏します。また、重厚なサウンドが響くスピーカーと大画面の電子黒板、木琴や鉄琴、大太鼓、小太鼓などの沢山の打楽器もあり、充実した音楽の授業を展開できる場所です。

理科室

理科室

主に4年生から6年生が理科室で学習します。グループで行う実験の他に、一人一台の顕微鏡を用いて様々な観察を行います。5年生では、生きたミジンコや花粉の観察、6年生では、葉の気孔や火山灰の鉱物、海洋底の微化石など、興味深い観察を行います。子ども達の探究する目を養い、協力して実験に取り組む姿が見られます。

パソコン教室

パソコン教室

主に3年生以上がパソコン教室を利用しています。総合、社会科、理科、図画工作、家庭科などの教科で、調べ学習や学習コンテンツの活用の他、描画活動なども行います。大画面のモニターは25度まで倒すことができ、タッチペン用いると、大きなキャンパスに変わります。

家庭科室

家庭科室

補助テーブル付のミシン机と調理台を10台備え、裁縫も調理実習も広々と行うことができます。基礎的な調理だけでなく、豆腐や味噌作りの器具、製菓用器具、オーブンレンジなどを豊富に揃えており、子どもたちの発想を豊かにし、幅広い学習に取り組むことができます。家庭科室の一角には保護者の方からご寄付頂いた色とりどりの布生地やボタンなどが豊富にあります。休み時間には思い思いに自由製作に励む姿が見られ、生活の一部として楽しみながら自立を目指す家庭科学習の手助けをしています。

図書室

図書室

森村学園初等部図書室(もりむライブラリー)は、約15000冊の蔵書に加えて小学生新聞や調べ学習に最適な学習雑誌など幅広い資料を揃えており、子どもたちのより深い読書体験と学びの場となっています。読書センター・学習センター・情報センターという学校図書館の三大柱である役割を担いながら且つ、心落ち着く心地よい居場所でありたいと考えています。また、「365日日替わり図書室」をコンセプトに、いつ来てもワクワクして気持ちよく過ごせる図書室になるように司書と図書委員が日々楽しいイベント企画や季節の展示をしています。学校司書は本のアドバイザーでもあり、ときに学習面でのサポート、ときに心の拠り所としていつも森村っ子に寄り添い、図書室で待っています。"困ったときはまず図書室へ!"これが図書室の合言葉です。

体育館

体育館

校庭森側の奥にある体育館。遊べる場所の1つとして開放しているので、休み時間になるとバスケットボールで遊ぶ子ども達であふれています。全面エアコン完備で、1年を通して心地よく最適な環境で活動できます。天井からぶら下がっている5.5メートルの棒、「はんとう棒」は、子ども達の一番のお気に入りです。高くまで登らなくても、つかまって揺れて遊ぶことができます。「肋木」も気づけば誰かが登ったり下りたりしている、子どもの集まる人気スポット。いつも子ども達の汗と笑顔が輝く体育館です。

屋内プール

屋内プール

25メートル×6コースをとることができる温水プールで、天候に左右されず一年を通して快適に利用することができます。水深は、可動床で学年に合わせて60センチ~100センチと深さを変えて授業を行っています。広いプールで、思い切り水と親しみ、思う存分泳ぐことができます。

校庭

校庭

広さは初等部側で、縦およそ68メートル×横およそ50メートルあり、授業や休み時間ではサッカーや野球、鉄棒など様々な運動を行う事ができる広さとなっています。また、土質はさらさらしていて、水はけも良く雨天時以外は常に良いコンディションで使用する事ができます。校庭の周りにはハナミズキやキンモクセイの木があり、1年中緑豊かな爽やかな風と香りを感じながら気持ち良く汗を流せる環境となっています。

中庭

中庭

中庭に出て、まず目を引くのがジャンボすべり台。公園にあるすべり台よりも大きくて、角度もあるので、初めはおっかなびっくり滑っていますが、一学期の終わりには毎日滑ってズボンのおしりが擦り切れてしまうほど、大人気の遊具です。その他にもロープやネット、長い雲梯など全身を使って遊んだり、サッカーやドッジボールを楽しんだりとお休み時間はいつもにぎわっています。
隠れスポットとして、バッタやカマキリを捕まえられる虫の家やヤゴやエビを捕まえられる池は生き物の好きな子どもたちには人気のエリアです。

ミニグラウンド

ミニグラウンド

初等部の校舎から西側に広がる広い森です。主に3年生以上が泥んこになって遊びます。ここは虫や野鳥の宝庫でもあり、児童が登校してくる朝にはたくさん小鳥たちが美しい声を響かせています。