学園生活

ホーム>学園生活>年間行事

年間行事

出会いにときめく春、成長と冒険の夏、自然に親しむ秋、表現と創造の冬。
四季折々の自然とともに学校生活を彩る年間行事は、子どもたちにとって大切な時間。
友だちと一緒にひとつのことに熱中した経験は、かけがえのない財産となります。

1学期(4~7月)

  • 4月 入学式

    入学式では、ちょっぴりドキドキの新入生。
    上級生のお祝いの言葉と記念のペンダントを胸に、
    今日から森村っ子の仲間入りです。

  • 5月 運動会

    瑞々しい新緑の中での運動会。
    ひとつひとつの競技に熱中し、友だちを応援することで、
    クラスの絆も強まります。

    児童の声

    「運動会で、いっしょのチームになった友だちと力を合わせてがんばるのが、とてもすきです。
    ぼくがあんまりうまくできなくても、友だちがたすけてくれると力がでてくるかんじがします。
    勝てばもちろんうれしいけれど、負けてもかなしくありません」

  • 7月 林間学校

    待ちに待った夏の林間学校。
    家族と離れ友だちと過ごす6日間の体験を通して、
    ひと回り大きく成長します。

    児童の声

    「友だちと先生とだけで過ごす林間学校は、普段できない貴重な体験ができてとても楽しいです。
    4年生の時は少し緊張しましたが、5・6年生の時は待ちきれないほどでした。みんなで作った
    カレーや豚汁、苦労した山登り、星空の下でのキャンプファイヤーは最高の思い出です」

2学期(10~12月)

  • 10月 遠足

    皆が楽しみにしている遠足。秋の野山を元気に歩き、
    太陽の下で手作りのお弁当を味わいます。

  • 11月・12月 音楽会・展覧会

    学年別の合唱・合奏やクラブの演奏などが行われる
    音楽会(みなとみらいホール)。
    一生懸命つくった作品が並ぶ展覧会。
    二大行事がある二学期は、一人ひとりの表現力が
    輝きます。

3学期(1~3月)

  • 1月 スキー教室

    5年生は戸隠、6年生は蔵王へ。自然やそこに住む人々の暮らしを学ぶと共に、思いきりスキーを楽しみます。

    児童の声

    「家族でスキーに行く時は楽しむだけだったけど、あらためて基本の姿勢から学び、より高度な技術を身につけて、初めてスキーの本当の面白さを知った気がします。雪深い土地に住む人たちから自然の厳しさやそれと闘う工夫を聞き、生きることの素晴らしさを感じました」

  • 3月 学芸会・卒業式

    学芸会は、劇や歌、ダンス、研究発表など、さまざなプログラムを繰り広げる大切な自己表現の場。練習の成果を披露します。

    ついに6年生が初等部を巣立っていく卒業式。先生や友だちとのたくさんの思い出を胸に、「正直・親切・勤勉」の校訓を大きな心の支えにして、中学校へと羽ばたきます。